価格相場【外壁塗装セレクトナビ】

外壁塗装セレクトナビ ご成約でお祝い金最大50,000円贈呈!
全国 無料対応実施中
0120-93-1437
営業時間:10:00〜21:00(年中無休)

開くボタン閉じるボタン

0120-92-1437

全国の優良塗装会社の比較見積りが無料でできる

今すぐ一括見積りスタート

  • HOME
  • 工事の費用と相場
一括見積もりをスタート
外壁塗装の費用と相場

塗料の種類と単価の全国平均

おおよその金額は以下で計算できます
塗装工事費用 = 【外壁面積㎡】 × 【塗装単価円/㎡】

外壁塗装の塗料の種類と1㎡当たりの単価について

塗料 1㎡当たりの単価
アクリルエマルジョン 900円〜2500円
アクリル弾性 1500円〜3500円
ウレタン樹脂 2000円〜4500円
シリコン樹脂 2000円〜4500円
フッ素樹脂 3000円〜5000円

※30坪の住宅の外壁塗装の平均価格は80〜100万円程度となります。
100万円を超える見積もりでは、特に詳細を確認し検討が必要です。

外壁塗装の相場

30坪の戸建てを外壁・屋根塗装する場合の費用相場はおよそ「80~100万円」

外壁塗装のみであれば60~73万円、外壁・屋根両方の塗装であれば、78~100万円が相場と言われています。

費用内訳 外壁面積は150㎡、塗料はシリコン系塗料とする
足場代162,000円
外壁塗装270,000~405,000円
屋根塗装176,000~224,000円
その他費用162,000円
合計770,000~953,000円   平均862,000円

外壁塗装にかかる費用は、見積りを出す塗装業者によって異なります

外壁塗装には費用を左右する要素が数多くあり、その一つひとつの値段が市場できちんと定まっているわけではないので、とにかく価格が分かりにくいのです。だからこそ、外壁塗装の見積りをとるには、まず「費用を左右するポイント」がどこにあるのかを知っておく必要があります。

外壁塗装の価格を詳しく知りたい方。
実際の見積りはどの程度になるのかを知りたい方。
セレクトナビ登録の優良塗装店への一括見積りをしてみてください。

今すぐ一括見積りスタート

塗料ごとの用途と特徴について

塗料も値段の安い高いだけで選ぶのではなく、用途とそれぞれの特徴をしっかり認識した上で、
比較しましょう。

塗料 アクリル系塗料 ウレタン系塗料 シリコン系塗料 フッ素系塗料
耐用年数 5〜8年 8〜10年 10〜15年 12〜20年
壁面 モルタル
不燃材サイディング
木製・モルタル
不燃材・金属サイディング
モルタル
不燃材サイディング
モルタル
不燃材サイディング
防水性
伸縮性
美観性
防カビ性
特徴 ヒビ割れしやすい 紫外線に強く水はじきもよく長持ちするが防汚性に劣る 紫外線や汚れに強く防汚性も高い 最も耐久性に優れている

グラフ

外壁塗装の費用

外壁塗装の価格を左右する項目を知る

外壁塗装の見積書は、塗装業界にあまり詳しくない消費者にとっては詳細が分かりにくいもので、極端に言ってしまえば「業者さんの考え方次第で見積りが高くも安くもなる」ということにもなりえます。無駄なく適正な価格を見極めるために、見積書に書かれている内容を理解して、必要な項目が過不足なく盛り込まれているかをチェックします。

外壁塗装の費用を左右する7つのポイント

1. 足場組立/解体

職人さんが作業する際の、安定した土台の作業スペースの設置と解体のための費用です。一般的には建物の外周の長さと高さに、業者さんの考える1㎡あたりの足場単価を掛けてから費用を算出でき、外周×高さの数字が大きいほど費用が高くなります。

足場費用 = {(建物の外周の長さ + α) × 建物の高さ } × 足場単価

2. 養生

外壁の洗浄・塗装の際に、周囲の建物や植木・自動車などに汚れが飛散するのを防ぐために、家全体を飛散防止ネットで覆い、塗装をしないものすべてをビニールやテープで覆う処理をします。
近隣の敷地や家に塗料が飛散してクレームになるケースもあるので、どこに養生を施すかを事前に確認しましょう。見積り書には「養生」という項目名のほかに「副資材」「シート代」と言った資材の名前で記載されることがあります。

3. 外壁洗浄

外壁からカビや苔などの不純物を除くことで、塗り重ねる塗料のひび割れやムラを無くし、塗装面を長持ちさせます。一般的には建物の床面積と高さに業者さんの考える1㎡あたりの単価をかけて費用を算出できます。スポンジやブラシで手洗いする方法や、高圧水で強力に洗浄する方法、薬剤を使って殺菌消毒も行う方法など、さまざまな洗浄方法があるので、建物の状況に合わせて選びます。

洗浄費用 = ( 建物の床面積 × 建物の高さ ) × サービス単価

4. 下地補修

築年数がたった建物は塗装面が少しずつ傷んできますが、こうした壁の劣化が原因で建物全体も痛む可能性があるので、壁のヒビ割れや穴などを塗装前に補修処理します。どのような補修が必要かは建物の状態によって異なり、専門家でないと判断が難しいため、塗装業者に現地調査を依頼して診断してもらいます。見積書には「下地調整」「〇〇補修」「クラック処理」など具体的な作業名で記載されることがあります。

5. 塗料

塗料は機能や特徴・耐久年数といった要素ごとに何種類もあり、一般的には高品質なものほど値段が高くなる傾向です。使用する量 (塗布面積) が増えることでも費用は増加します。建物の状態によっても変わりますが、基本的には「下塗り」「中塗り」「上塗り」の合計3回が塗られます。下塗りは後に塗る塗料と壁面との密着性を高め、中・上塗りは耐久性を高め仕上がりを美しくするなど、それぞれに役割があります。また、見積書には壁面以外の部分が「破風」「軒天」「雨樋」のように各部名称で記載されることがあります。

塗装費用 = { 外壁面積(延べ床面積 × 係数) } × 塗料単価

塗料 1㎡当たりの単価
アクリルエマルジョン900円~2500円
アクリル弾性1500円~3500円
ウレタン樹脂2000円~4500円
シリコン樹脂2000円~4500円
フッ素樹脂3000円~5000円
6. 塗装工賃

外壁塗装の職人さんの人件費は日当制となっており、基本的には作業日数×人数で算出できますが、新人の職人・ベテランの職人・下請けの職人それぞれ人件費が違うため、職人さんの腕前によって人件費は安くも高くもなります。施工内容によってはベテランの高い技術が必要な場合もあり、見積りの段階で「なぜこれだけの技術料が必要なのか」を明確にしてもらう事が大切です。

7. その他の費用

上記に入らない費用として、例えば「ゴミ処理」「交通費」などがあります。
古くなったサイディングや余った塗料などは産業廃棄物として適切な処理が必要になり、高くはないですがそれなりの費用が発生します。
また作業車を止めておくための駐車場代や、塗装する建物までのガソリン代などは施主の負担として見積りに計上されます。
これらの費用は見積書に「何にいくら」と明記されない場合もあるので、確認しても良いでしょう。

外壁塗装の「適正価格」を見極めて、優良な業者を見つけるために

「塗装の質にこだわりたい」「予算内に収めることにこだわりたい」といったお客様が掲げる外壁塗装への要望によって「この家の塗装の適正価格」の方向性が決まります。
必要以上の質や機能を盛り込んだ高すぎる見積りや、一見安くても粗悪な工事になるような見積りは決して適正とは言えませんが、まずは外壁塗装業者に自分の要望を適切に伝えて、あなたにとっての適正な外壁工事がどんなものかを明解にすることが大切です。
そして2~3社以上の見積りを比較して、要望に応えてくれる優良な業者を焦らずじっくり判断するのがコツです。

外壁塗装の価格を詳しく知りたい方。
実際の見積りはどの程度になるのかを知りたい方。
セレクトナビ登録の優良塗装店への一括見積りをしてみてください。

今すぐ一括見積りスタート

今すぐ一括見積りスタート

セレクトナビは全国対応です

  • 塗装の種類
  • 費用と相場
  • 色選びのポイント
  • 成約実績
  • 業者選びのポイント
  • お役立ちコンテンツ
  • 広告掲載について